« 劇団SET:スタッフのつぶやきも聞いて頂戴!(41) | Main | 劇団SET:時々、マネージャーもつぶやいてみたり・・・。(25) »

October 25, 2006

第44回本公演「ナンバダワールドダンシング」

【公演日】10月14日(土)~29日(日)

【会場】東京芸術劇場中ホール

【作】大沢直行

【演出】三宅裕司

【出演】三宅裕司 小倉久寛 劇団SET

【ゲスト】HIDEBOH(STRiPS) JUN and more Dancers

【地方公演】群馬 11月12日(日)太田市新田文化会館

「ナンバダワールドダンシング」へのご意見ご感想はこの記事にコメントの投稿をお願いします。

公演の稽古場や劇場での日記も公開中。コメントはそちらでもOKです。
ナンバダワールドダンシング日記

※コメントの仕方
記事の下にある「Comments」をクリック。
「Name」「Comments」にそれぞれ入力してよければ「Post」をクリック。

|

« 劇団SET:スタッフのつぶやきも聞いて頂戴!(41) | Main | 劇団SET:時々、マネージャーもつぶやいてみたり・・・。(25) »

Comments

10/21夜の公演は十数年、SET公演を見てきた中で最悪の公演だった。公演自体が最悪なのではなく、一部の観客がすぐ後ろの席で上演中、終始奇声を発していたからだ。その3名程度の集団の会話内容と舞台挨拶の時にダンサーがその集団に向かって手を振っていた事から推測するとダンサーの関係者と思われる。ああいう観客には注意するなり、注意に従わない場合は退席させる等しないと公演自体が台無しになる。ダンスとのコラボという公演の趣旨はわかるが、一部のマナーの悪い観客を容認するとSETのファンは離れていくと思う。去年の公演が良かっただけに非常に残念だ。(個人的にはダンスよりは劇団の売りであるアクションを入れた方がましだった。)次の公演であんな事があったら二度とSETの公演は見に行かないと思う。

Posted by: 少佐 | October 29, 2006 07:03 AM

確かに今回の公演は少佐の意見に賛成です。今までのSEtとはすこし違いました。確かにマナーの悪い観客がいりました。千秋楽に行きましたが、私の後ろの2人もおしゃべりばかりでした。その時の感想をその場で話しているのはものすごく気にかかりました。劇団員の人たちもダンサーに劣ることはなくダンスをしていたと思います。私的には客演の数はもっと少なくてかまわなかったと思います。今まで自分たちでがんばってきたじゃありませんか。津軽三味線や去年の沖縄の太鼓(名前が出てこない)は本当に感動ものでした。今年の最後も(ネタばれになるのでこのくらいで)とてもよかったです。
去年ほどの感動の涙は出ませんでしたが、胸を打つ感動は残りました。
私は、ぐずぐず言いながらまた来年も再来年も見に行ってしまいそうな気はします。300人劇場からのちょいと古いファンですので、毎年恒例のものなので、、、
私は、新しいことに挑戦することはいいことだと思いますが、setらしさを残した新しい事をお願いしたいと思います。生意気ばかりでごめんなさい。

Posted by: 少佐に賛成 | October 31, 2006 01:38 AM

劇団員。スタッフの皆様本公演お疲れ様でした。
ところで、少佐に賛成です。
はっきり言って今回のコラボは本公演でやって欲しく無かったです。

SETの持ち味が出てない。 ダンスシーンは長いしあきてしまいました。
確かにダンスはすばらしいです。が、ほんとにSET?
ミュージカル・アクション・コメディはどこへいってしまったの?
公演内容はよかったです。ダンサーも役者も一人一人頑張ったでしょう。よかったです。
でも本来のSETはどこへいったの?

ダンスミュージカルなら他でいくらでもやっています。
新しいファンの獲得も必要でしょう。新しい試みも必要でしょう。
今回ほど公演が終って悲しい思いをしたことはありませんでした。

Posted by: ほんとにSET? | October 31, 2006 08:25 AM

それってサザンの弘に対しての文句なのかな?
たぶん弘も2度とやらないと思いますよ

Posted by: サザ吉 | November 04, 2006 10:57 AM

サザ吉さんへ

私は、サザンとSETのファンです。
弘の音楽についての批判はたぶんみんなしていないと思います。少なくても私はSETのよさを十分に引き出していたものと思います。私は、ダンスシーンでダンスを眺めながら音楽を聴いていました。たいへんだったろうなーって思いながら、、、

物語や音楽は別に何も文句を言っている訳ではありません。本来のSETとは少し違っていたのが、今までのSETのファンには受け入れられなかったのでは。
私は少し泥臭いくらいの方が好きなんですが、昔に比べて音楽もダンスもとてもいいです。去年の本公演は、本当に最後の歌で感動の涙を流しました。泣かせるシーンで終わる芝居も今までありましたが、SETで涙が出たのは去年が初めてでした。去年は本当によかったのに何で今年はこんななの?って思いました。今までの掲示板にもあまり批判する意見は出たことがありませんでした。本当によかった。そんな意見ばかりでした。私も今年は釈然としない気持ちで帰ってきたら、同じ思いの人がいて書き込んでしまいました。
来年の本公演楽しみにしています。

千秋楽に生松田弘を肉眼で見れて私は感動しました。

Posted by: 少佐に賛成 | November 05, 2006 01:25 AM

 私も皆様の意見と同じです。去年が感動のお芝居だっただけに今年は本当につまらなかったです。私達が求めているお芝居を忘れてしまったのではないかと悲しくなり、友達と会話の中で悲しみしか出てきませんでした。ダンサーがみたいわけじゃないんです。SETの人達が頑張って汗かいて踊りを覚えて私達にダンスを見せてくれたりSETの人達の芝居を観たいのです。年に一回しかない本公演。毎年楽しみにしていたのに裏切られた気持です。もっとSET。劇団員を大切にして欲しいです。ダンスが観たいのであればダンス専門を見に行けばいいのですから。私達はSETのお芝居を見に行ってる事を忘れないで欲しいです。

Posted by: がっかり | November 07, 2006 08:17 PM

観終わった瞬間違和感を覚えた。?と感じてしまった
自分が期待をし、前回以上のものを期待していたが。
ダンスの素晴らしさは伝わった。だが、正直ストーリーの完成度は低く感じた。違和感が残ったのはそういうことかもと思った

Posted by: ? | November 07, 2006 08:33 PM

私は、SETの群馬公演に行ってきました。私は、ダンスと演技のコラボ最高でしたO(≧▽≦)Oダンサーさんに負けることなく、SETの劇団員さん素晴らしかったです。
私もHipを踊っているので感動し感銘を受けました。私も12月に自分でミュージカルを演じるのでSETの皆様に一歩でも近づけるよう頑張ります(^ー^)大竹さんと握手できて話も少しできましためちゃ嬉しいです。ありがとうございましたm(__)m

Posted by: もえもえ | November 13, 2006 01:17 AM

今更ながら書き込ませていただきますが。

ずっとSETを観ているファンの一人ですが、私は去年よりも今年の方が面白かったです。
正直、少し不安に思いながら観に行きましたが、あれだけダンスが盛り込まれていながら、ちゃんと芝居として成り立っていてスゴイと思いました。
ただ客に関しては、マナーの悪い人が目立ち気分が悪かったです。
本公演、来年も楽しみにしています。

Posted by: !? | November 13, 2006 11:22 PM

客のマナーが悪い=客演ダンサーのお友達。これしかないんじゃないんでしょうか?
てか、あれだけの規模で、あの人数、舞台狭くないですか?本公演クラスだったら、もっと大きな会場でやるべきでは?会場費をケチったとしか、思えません。池袋、群馬両方見ましたが、内容は自分にとっては、本当に最高な物でした!
ただ、学芸会じゃないんだから、どこかのお遊戯会みたいな会場ではなく、もっと大きな会場でやってください。あと、チケット代もちょっと安かった。もう少し、チケット代を高くしてもいいと思いました。
あと、ダンサーさん達には申し訳ないんだけど、お客様で来てくれる仲間の人たちにはもっとマナーを教えておくべきです。「俺達は出演者の仲間だぜ、知り合いだぜ」的な行動が絶対に出ます!よう注意です。

Posted by: 秘密 | November 14, 2006 03:56 AM

基本的に客演ダンサーの応援者として見に伺いました。
SETさんの舞台は何度か拝見してますが、本公演は初めてでした。
私の立場から見ても、ダンサー目当てで来ていた観客の一部のマナーは宜しく無いと思いましたね。
勿論マナーを守って見ていた方が多いとは思いますが。
カーテンコールとかラストナンバーでの「声かけ」は、まあ、いいかも知れません。
ただ、本編中に踊るシーンは「各ジャンルのダンスの表現者」として踊っていらっしゃるのです。
(三宅さんもダンス系のHPや雑誌でその様に語られていらっしゃいました。)
そこでダンサー個人の名前を呼ぶというのは、ある意味そのダンサーに対しても失礼ですよね。
ダンス界がなかなか一般に広がらないのは、ダンサー側自身に原因があるのかもしれませんね。

などと思いました。
公演は5回拝見しましたが、楽しく、満足の出来る作品でした。
SETuPにも入会しているので、これからの舞台も楽しみにしています。

Posted by: 客演応援サイドから | January 07, 2007 03:10 PM

ここんところ1年おきにしか関西公演が無く、
この第44回本公演「ナンバダワールドダンシング」は
見る事が出来ませんでした。(客演の方のスケジュールの
関係も考えられますが・・・)
休日の夕方前の外出するまでの時間に、たまたまBS2に
チャンネルを合わせたところ、短い時間でしたが公演の
一部を見る事が出来ました。
けど、やっぱり生の舞台を見たいので今年は関西公演を
ぜひお願いいたします。

Posted by: kbat | January 28, 2007 11:01 PM

コメントを書くのが少し遅れてしまいましたが・・。
本公演、本当にお疲れ様でした!!
SETさんの舞台を観にいくのは今回で2度目ですが、前回に引き続きホントに楽しませていただきました! 東京公演、群馬公演とも観させていただきましたが、私が観た回は皆さんの仰る一部の観客のマナーの悪さとかは気にならず、(私が鈍感なせいかもしれませんが・・)腹を抱えて笑ったり、ダンスに見入ったり、舞台上の友人を見てうれしくなったり、ラストに胸を熱くしたり・・とても充実した時間をすごしました。
本当にありがとうございました!

Posted by: mako | February 04, 2007 11:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第44回本公演「ナンバダワールドダンシング」:

« 劇団SET:スタッフのつぶやきも聞いて頂戴!(41) | Main | 劇団SET:時々、マネージャーもつぶやいてみたり・・・。(25) »